مکانات by 門一級建築士事務所

抽象的な造形美が目を引く平屋の住宅

JUTO JUTO
Loading admin actions …

本日は真っ白な外壁がひと際目を引く平屋建ての住宅を紹介します。抽象的な形態がモダンな雰囲気を醸し出していますが、この地域の気候に配慮した伝統的な要素も含んだデザインを取り入れています。設計を担当したのは沖縄に拠点を置く門一級建築士事務所です。

存在感のあるキャンパスのような壁で構成される住宅

道路と建物を隔てるように設けられた壁が、真っ白なキャンパスのように人目を引きます。植栽を囲むように玄関アプローチが木製の門扉へと続きます。これからどんどん成長する一本の木が、日の移ろいと共に様々な陰影を真っ白な背景に描いてくれます。その壁の向こうには作業スペース、収納場所としても使える便利なビルトインガレージ。

外部とプライベート空間を隔てる壁の役割

建物の西側に配置された白い壁は、強い西日を遮ると共に東から吹く風を受け止めて、住宅内に取り込む役割を果たすようです。またこの壁によって道路側からの視線や騒音が遮られ、プライバシーを確保できるので、芝生の広がる庭でアウトドアを思う存分楽しむこともできますね。

広がりを感じさせる玄関を作る方法

玄関を入ると地元産の琉球石灰岩を敷いた三和土が出迎えてくれます。自然な風合いが穏やかなトーンの靴箱とぴったりですね。この造作家具は床から持ち上げられ、 玄関ホールまで一続きなので軽さと共に奥行きを感じさせます。足元を優しく照らす間接照明を靴箱の下に、そして空間全体をムードある雰囲気に演出する間接照明を天井に設置しています。さらに正面には羽目殺しの大きな開口を設けているので、大変広がりを感じさせる瀟洒な玄関ホールになっています。

絶妙な高さの開口は是非参考にしたい!

ホールを回り込むと、和室と平行に廊下が続き、同様に砂利石を敷き詰めた奥庭のような外空間がまっすぐ伸び、非常に奥行きを感じさせるデザインですね。ダイニングエリアまで続く珍しい高さに設定した開口が視界を広げてくれると同時に近隣住宅からの視線を程よく遮ってくれます。

変化に富んだ空間作りの例

先程の和室、実はリビングダイニングの大空間に入れ子状に配置されており、ご覧のとおり、襖を全開にするとフローリング空間と繋がるようになっています。また仕切りを閉じれば、静寂の広がる落ち着いた個室にもなる大変機能的なアイデアです。トップには間接照明を設置し、夜間には雰囲気のある空間を演出してくれるんです。

スコールにも強い日差しにも対応する賢いテラス空間

深めに確保した軒、沖縄特有の大きな雨端が、急な雨や強い日差しから生活環境を守り、日々の暮らしを彩る役割を果たします。高さや圧迫感を感じさせない真っ白な壁の存在により、きっちりとプライバシーは守られ、なおかつプライベートな庭空間を獲得しています。

ミニマルなデザインの中に宿る豊かな生活空間

単純な建物のエレメントでも計算されたプロポーションや配置計画によって、豊かな空間とライフスタイルを生まれます。無駄なものを削ぎ落したデザイン、色彩計画、そして選び抜かれたローカルな自然の素材を組み合わせた平屋の住宅、家づくりの参考になるアイデアがいっぱいです。

 مکانات by Casas inHAUS

Need help with your home project? Get in touch!

Request free consultation

Discover home inspiration!