Windows  by 平山教博空間設計事務所

雰囲気が創る心地のいい家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

新たな住まいを建てるなら、もちろん室内インテリアも雰囲気や住み心地を決める大事なポイントの一つですよね。室内仕上げ素材を決めるポイントはどんなところにあるのでしょう。今回ご紹介するのはシンプルなのに独特の雰囲気を持った木の家です。平山教博空間設計事務所が手掛けたこちらの「川越の住居」は、マットな質感の木素材で室内を包むシンプルな空間が広がります。ひょっとしたら未完成にも思えるような簡素さもあるかもしれません。ナチュラルで飾らないシンプルさがどこか暖かく独特の雰囲気を醸し出しています。

印象的な窓が特徴的な外観

ちょっぴりゆとりのある敷地に建つ本住宅は、白い外壁と開口を縁取る木枠が印象的な外観です。玄関までのアプローチを眺めるのは、飛び出たような配置のリビングスペース。来客があればすぐに気配を感じることの出来るデザインです。程よく散りばめられた植栽が外部との接続を緩やかに感じさせてくれる自然のある趣です。

独特の雰囲気を持った飾らないインテリア

リビングスペースはスキップフロアで構成されたちょっぴり視点の高い空間。室内の内装は木のナチュラル感に包まれるように木素材をふんだんに用いたシンプルなインテリアです。一見すれば単一素材とカラーで簡素にも思える空間ですが、自然の質感や温もりを感じる木素材の特徴的なテクスチャが独特の雰囲気と安心感を感じる空間に。ワイドな開口とデザイン木製サッシュがインパクトを残すオシャレなインテリアです。

一体的な空間と視点の異なる空間

キッチンとリビングに挟まれるような位置にあるダイニングスペースから見る室内。キッチンからはリビングで寛ぐ家族の姿が見通せる距離感で一体感のある住空間です。一体的でありながら、天井高さとフロアレベルの違いが異なる視点を生み緩やかな空間の分節によって居心地の違いを感じることができます。

単一素材で仕上げる統一感

木素材でまとめられたインテリアはパブリックスペースだけでは無いようです。階段スペースから天井を見上げると単一素材でまとめられた統一感のあるインテリアが広がります。素材の濃淡や光の加減で奥行を感じるような空間に。

ナチュラルでシンプルな住空間

勾配天井の開放感ある二階スペースも一貫した木のインテリア。余分な情報を削いだような内装は木素材の温もりを感じるシンプルな住空間です。中央にはロフトスペースを設けた立体的な空間構成に。シンプルな内装ながらもちょっぴり複雑で変化のあるプランが程よい距離感を繋がりの感じられる住まいです。

modern Houses by Casas inHAUS

Need help with your home project? Get in touch!

Discover home inspiration!