ヴィンテージスタイルでインテリアをカスタマイズ

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

ヴィンテージスタイルでインテリアをカスタマイズ

Aya F. Aya F.
{:asian=>"asian", :classic=>"classic", :colonial=>"colonial", :country=>"country", :eclectic=>"eclectic", :industrial=>"industrial", :mediterranean=>"mediterranean", :minimalist=>"minimalist", :modern=>"modern", :rustic=>"rustic", :scandinavian=>"scandinavian", :tropical=>"tropical"}  by 株式会社スタイル工房,
Loading admin actions …

インテリアを新しく考えていく場合、まずはスタイルを定めていきたいものです。他にはない個性的な内装を目指すのであれば、例えば最近人気のヴィンテージスタイルはいかがですか?アレンジの仕方によっては、低コストで素敵なインテリアが作れるかも?!今回は、ヴィンテージスタイルのお宅を見ながら、アレンジの可能性について探っていきたいと思います。変化の幅が意外にも大きいことに、きっと驚くのではないでしょうか。  

インテリアに個性をプラス?ヴィンテージで!

インテリアの雰囲気によって、そこで過ごす時間の感覚や心持ちは思いのほか変化するもの。だからこそ、お気に入りの空間を作っていきたいですよね。最近注目のヴィンテージスタイルは、個性的な家づくりを目指す方に特におすすめです。こちらのお宅は、木やアイアン、コンクリートなどの素材感が魅力の空間。ヴィンテージの家具や時の流れが感じられるような建築構造は、唯一無二の素敵なインテリアを約束してくれます。

【ヴィンテージについては、こちらの記事でも紹介しています】

※  ヴィンテージ感にこだわったクールな空間  

雰囲気のある空間づくりに

ヴィンテージ感のあるインテリアづくりを目指すにあたり、家の構造までも古さにこだわる必要性は必ずしもありません。もちろん、新築する際にあちこちにこだわりを盛り込んでみてもよいですが、例えば賃貸物件などでも真似できそうなアイデアとして、小物や家具の一部にヴィンテージのものを取り入れる、という方法があります。ブリキのボックスや古いガラス瓶、ホーローなどといったものをうまくアレンジすれば、さりげなく雰囲気のある空間が実現するはず。  

革のソファでこなれ感を

レトロ感や時代を感じさせるものは、どこか人をほっとさせるような力があるように感じませんか?視覚的にもおしゃれさを感じさせてくれるインテリアを目指す場合に、押さえておきたいのが使い込まれた革のソファ。こちらでも、こなれ感漂う革のソファが空間の居心地の良さを物語っています。また、最近ではあまり目にする事の少なくなった石油ストーブも、部屋の中にレトロ感を漂わせてくれていますね。

Photo: 森川貴史  

和の空間をゴージャスに

ヴィンテージスタイル、というとその横文字感から洋風のものを連想しがちですが、もちろん日本の伝統的な和の空間をカスタマイズする方法もあります。こちらは株式会社SHOEIの手がけた古民家再生物件です。和紙の貼られた障子や格子の扉が目を引く空間ながらも、照明にシャンデリア、テーブルと椅子といった洋風家具が据えられています。この空間ならではの、特別な雰囲気が感じられるゴージャスなインテリアとなっています。

▶「住まいの写真」のページでは様々な種類の和室を紹介しています。◀

※  和室の写真ページ  

DIYでアレンジを

フリーマーケットなどでも、小道具やアンティーク家具などの人気が高まっており、ちょっとしたものでも意外に値が張る場合も多くあります。手軽にヴィンテージ風のインテリアづくりをしたいというのであれば、自分で既存のものに手を加えてアンティーク風に作り変える、というのも一つの手段。木の椅子などに色を塗り、サンドペーパーなどで使い古したように色を部分的に剥がせば、使い古した雰囲気を演出することが可能です。  

古材で出す特別感

古材が高値で売れ、そうした素材を使って作られた飲食店などの商業施設が人気を集めています。どこか懐かしさを感じるノスタルジックな雰囲気が好まれているといいますが、自宅にも古材を取り入れようとする方が増えてきているようです。こちらのお宅では、壁材に古い木材をパッチワーク状に組み合わせて再利用しています。落ち着いた木の色合いがさまざまで、遊び心と特別感とが入り混じる唯一無二の空間となっています。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ  

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 


 Houses by Casas inHAUS, Modern

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!